とこやさん目次

 毛髪のしくみ
 毛髪は爪と同じように皮膚の付属器官で
本質的には皮膚の一部です。
単に皮膚の上に生えているのではなく
皮膚が形を変えて分化したもので
言い替えれば、毛髪は大地に生えている
雑草のようなものではなく、大地そのものが
形を変えて成長しているようなものと言えます。
発生学的には外胚葉から発生しており
ここから発生しているものには
表皮の他に神経系感覚器官、毛、脳髄などがあり
これらは色々関連をもっています。

毛髪の構造
毛構造

髪の断面 






毛髪は「のり巻きすし」と同じような構造になっており
外側から中心に向かって毛表皮(のり)、皮質(ごはん)
髄質(かんぴょう)の三層からなっています。


毛表皮(Cuticula)
 
キューティクルは角化した無色透明の細胞が
根元側から毛先側に向かって
鱗片状または屋根瓦状に重なり
内部を保護するように取り巻いています。
一枚のウロコ(キューティクル)の長さは
80〜100ミクロン、厚みは0.5〜1ミクロンで
外側から親油性でアルカリに強いエピキューティクル
中間的な性質のエキソキューティクル
一番内側の親水性でアルカリに溶けやすい
エンドキューティクルに分かれています。
 
普通の毛髪は4〜8枚のウロコとウロコが
重なり合って表皮を形成し
外から見える部分は全体の4分の1前後です。
このウロコとウロコの隙間は0.1ミクロン程度で
水蒸気や染毛剤、コールド液、トリートメント剤などは
ここから入り込んでいきます。
水やアルカリを作用させると、
内側のエンドキューティクルの方が水やアルカリに
親しみやすいのでよく膨れ、バイメタルのように 
外側に向かってせり出し、キューティクルが開いてきます。
外から見えるウロコの模様を紋理といい
発生部位や個人によって異なるため
指紋のように法医学の分野で犯罪捜査に使われます。

一般に紋理は毛先側が細かく、根元側は荒くなっています。
また、病気などにかかると細かくなるので
紋理を調べる事によって病気の有無や時期
期間などを見分けることができます。
 
皮質(Cortex)
 
毛髪の中で一番大切な部分で、角化繊維細胞が
麻縄のようにしっかりと詰まっている部分で
毛髪の性質を色々左右したり
パーマや毛染めなどの美容の対象になっています。
 
髄質(Medulla)
 
毛髪の中心部分で、毛髪によっては無いものや
一本の毛髪でもきちんとあるものや
とぎれとぎれになっているものがあり
空気の泡を含んでおり、普通は年齢とともに
太くなるが、強度は低下していきます。
 
毛髪の色(色素・Melanin)
 
私たちの毛髪にはメラニン色素が含まれていて
それが毛髪の色を左右しています。
また、皮膚の色もメラニン色素が関係しています。
毛髪をはじめ皮膚や内臓器官まで身体の至るところに
メラニン色素はありますが、毛髪、皮膚、瞳孔など
皮膚表面に含まれるメラニン色素は
私たちの身体を有害な紫外線の害から
護るためにつくられています。
そのため赤道直下に住む人種は紫外線の害も強いため
髪は縮れ、黒色で、肌も褐色から黒色になっており
北欧などの太陽光線の弱い所に住む人種は
メラニン色素が少なく、毛髪は明るい金髪になり
肌は白色になっています。

毛髪の色は毛皮質中に含まれるメラニン色素の量に
よって決まり、多ければ多い程日本人のように黒色は濃くなり
メラニン色素含有量が少ないと欧米人のように褐色から茶色
金色、灰色にまで明るくなっていきます。
さらに全く無い場合は白髪になってしまいます。

人種によって毛髪の色調が異なるのは
ユウメラニンとフェオメラニンの混合比や
メラニンの量の違いによるためで、完全な遺伝によるもので
その人の持っている遺伝的な形質は後天的には
変えることはできません。
ちなみに日本人の場合はユウメラニンとフェオメラニンの
割合は約20対1であると報告されています。

とこやさん目次