生活育毛の項目でも、ちらっと触れましたが
老化のために、育毛が如何に難しくなっているのか
力説しちゃいます。
なぜ難しくしているかというと、人間20才すぎれば
老化(退化)の方向へ進むと思うのですが、
育毛及び育毛剤を使われた方は、ご存知でしょうが
『効果が出るまでに、だいたい3〜6ヶ月くらい使用して
様子を見ていただき、それから善し悪しの判断を!』
と、書かれています。
ここで、問題があると自分の経験上思われます。
その3〜6ヶ月の間に、薄毛(老化)も進行しているのです。
ですから、目で見て解る効果を出すという事は
老化の進行をとめ、さらに逆行される事にならなければ
結果として、生えてきたとならないのです。
従って現状維持でも十分効果は現れたことになるのです。
よく育毛のコマーシャルで『フサ!フサ!』
とやっていますが、滅多な事ではなりません。
ジャーあきらめるのか?
となるのですが、
正しい方法と毎日の処方で
あなたの症状と合致すれば
現状の髪の毛の2割アップくらいは
望める可能性があります。
『あきらめるには、まだ早い!』